コンドロイチンについて >コンドロイチン概要説明

コンドロイチン概要説明

コンドロイチンという成分が関節にいいと聴いたことがある人は多いものです。

では、このコンドロイチンという成分は一体どういう効果があるのでしょうか。まず、コンドロイチンとは基本的に関節の軟骨にあると考えていいでしょう。

特に、関節には関節液というものがあり、この関節液は血管のない関節に対し、血液のような役割を担ってくれます。関節液を多く含んでいるのがコンドロイチンで、血管のない軟骨に栄養を供給し関節のエネルギーを運搬したり、軟骨を分解する酵素の働きを調整して関節の新陳代謝を促したり、軟骨の生成を促すことで関節の軟骨の生まれ変わりを助けてくれる成分です。

摂取する目的としては主に、関節の痛みや関節の可動性を広げるために使われることが多いでしょう。基本的に体を動かしやすくするためのサプリメントと考えてよく、また関節に病気を持っている人が早い回復のために摂取することが出来る成分でもありますね。

ところで、コレとよく似た作用がある成分が、グルコサミンです。グルコサミンも関節痛を取る成分として有名ですが、こちらは関節の軟骨になる成分です。軟骨になる成分と一緒に摂ることで、軟骨の新陳代謝を促すことが出来る成分と言ってもいいでしょう。この2つの成分はグルコサミン コンドロイチンとして一緒に摂取してもいいでしょうし、別々に摂取してもいいでしょう。

また、仮にどちらの成分がいいかということはなく、仮にコンドロイチンで効かなければグルコサミンを摂ることもできます。一緒に摂ると良い成分のひとつが、コラーゲンです。コラーゲンは骨を作る成分としても、体の組織を作る成分としても、軟骨を作る成分としても使われることがあり、コンドロイチンと一緒に摂取することで体がより軽く楽になることができます。

もう一つはヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は関節の軟骨に含まれ、コンドロイチンと一緒に摂取することで関節の痛みをとるだけではなく関節のクッションをより増やすことが出来るのです。ヒアルロン酸はその保水力が魅力ですから、軟骨の保水にも関節液のクッションとしてもとても人気がありますね。

また、最近はカルシウムやマグネシウムと一緒に摂取するのも流行しています。というのも、どちらも骨に関して効果のある成分ですから、ぜひ摂取しましょう。コンドロイチンはいろいろな効能があります。特に関節に効く成分ですので、関節痛などがある場合は関節に痛みを感じないように摂取することもできますよ。